Photoshop

Photoshop初心者でもたった5ステップでできる水彩画風の加工テクニック

はじめに

大切な思い出の写真をより良くして保存とかしたいですよね!
管理人はPhotoshopでイラスト制作するのですが、イラスト制作以外でもPhotoshopは本当に色関係の加工がどのイラストソフトにおいても頭一つ飛び出ていると思ってます。

そんな素晴らしいPhotoshop先輩を使って今回は【水彩画風にする加工テクニック】をご紹介します。
初心者の方でも迷わずできるようにブラシや元写真も貼り付けていますのでご安心ください!

この記事を読み終わり、やり終えたころにはあなたはもう水彩画風にするテクニックを身に付けられると思います。


始める前の準備物について

さて、始める前に今回使う写真とかブラシとかの事前準備をしていきましょう。

●完成(これはダウンロードしなくていいです。

●今回使う元写真

●今回使うテクスチャ
http://www.photos-public-domain.com/2012/05/24/ivory-off-white-paper-texture/

●今回使う水彩ブラシ
https://www.brusheezy.com/brushes/1792-free-hi-res-watercolor-photoshop-brushes


【1ステップ】ドライブラシを使ってみる。

まず、初めに画像を開いたら必ず複製しましょう!
仕事で何かあったときに元画像がなくなると、本当にめんどくさいことになりますので……

複製したらレイヤーを右クリックし、【スマートオブジェクトに変換】をしましょう。


次に、【フィルター】→【フィルターギャラリー】→【アーティスティック】→【ドライブラシ】を選択。

設定は以下の通りです。

●ブラシサイズ 10
●ブラシの細かさ 10
●テクスチャ  1

【2ステップ】カットアウトを使ってみる。

次は【カットアウト】です。
フィルター】→【フィルターギャラリー】→【アーティスティック】→ 【カットアウト】を選択。

設定は以下の通りです。

●レベル数 4
●エッジの単純さ 4
●エッジの正確さ  2

フィルターギャラリーの描画オプションを設定する。

適応したら、レイヤーのフィルターギャラリーの小さなアイコンをダブルクリックします。
上記の画像のようなオプション画面が出てきますので、【描画モード】を【ピンライト】に変更します。

【3ステップ】写真をぼかす

もう一度フィルターをかけます。
フィルター】→【ぼかし】→【ぼかし(詳細)】を選択します。

設定は以下の通りです。

●半径 5.0
●しきい値 MAX
●画質 高
●モード 標準

※ここで一度、レイヤーが同じか確かめましょう!
例えば、スマートオブジェクトにしてないとフィルターギャラリーの項目がレイヤーに出てこないとか背景レイヤーがあったりとか色々とありますので。

フィルターの不透明度と描画モードを変える

先ほどと一緒です。
レイヤーのフィルターギャラリーの小さなアイコンをダブルクリックします。

上記の画像のようなオプション画面が出てきます。
不透明度】を50パーセント
描画モード】をスクリーンに変更します。

【4ステップ】輪郭を検出をし、リアル感を出す。

フィルター】→【表現手法】→【輪郭検出】を選択します。
……なんか変な色合いになったと思いますが、大丈夫です!

フィルターの不透明度と描画モードを変える

またまた 先ほどと一緒です。
レイヤーのフィルターギャラリーの小さなアイコンをダブルクリックします。

上記の画像のようなオプション画面が出てきます。
●【不透明度】を40パーセントぐらい
●【描画モード】を焼きこみカラーに変更します。

変な色合いからうまく馴染んだと思います。
もし、馴染まない場合は不透明度をいじったり、描画モードを【乗算】【カラー比較(暗)】とかにしてみてください。

【5ステップ】テクスチャとブラシを使って更に水彩感を出す

テクスチャをいれてみよう

あらかじめダウンロードしてきたテクスチャを上記のように画面いっぱいにします。
このレイヤーは一番上にしてください。

そして、レイヤーの描画モードを【乗算にします。

レイヤーマスクを追加してみる

レイヤー1を選択した状態で上記の画像にでているボタンを押してください。
レイヤー1の横に【レイヤーマスク】というものが追加されます。

そのレイヤーマスクを選択した状態で【黒色】を選択し、alt+backspaceを押してください。

このようにレイヤーマスクが黒く塗りつぶされ、テクスチャのみになったら成功です。

水彩ブラシを使ってみる

あらかじめダウンロードしてもらった水彩ブラシの今回は【ブラシ22】を使用します。
ブラシの設定は上記の項目です。

先ほど、真っ黒にしたレイヤーマスクを選択し、ブラシを持った状態で今度は【白色】を選択し塗ってみてください。
そしたら、上の画像ように桜の絵が出てくると思います。

……いいですか?レイヤーマスクを選択して白色でブラシを塗るんですよ!黒だとダメですよー

あとは、もう自分の好きなように塗るだけです!!
もし、「塗りすぎた!」という方は【黒色】で塗れば消えますのでご安心を…。

さて、調整した結果完成です!
コツは外回りは消すことです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

最初こそは見ながらで遅くなってしまいますが、理屈が分かり馴れてしまえば5分程度で水彩画風の写真に丸変わりすることが可能になります。

他にも色んな手法で水彩画風にできますが、自分はこれが一番楽かなーと思います。(慣れ補正があるからかも)

躓くポイントはレイヤーマスクかと思います。
よく見て、丁寧に根気強くやっていけば絶対できます。
もし、どうしてもわからないという方はお知らせください!おじさんが対応します。

それでは、今回はこの辺で終わらせていただきます。