Photoshop

【Photoshop】ヴィンテージ風の古びた写真加工をサクサクッとご紹介!

はじめに。

なんかレトロな感じでカッコいいサムネイル作れないかなぁ???

フッフッフ、迷える子羊よ……貴様のような間抜けに我が素晴らしい加工テクニックを伝授してやろうではないかっ!

(うわー、めんどくさい人が来ちゃったよ……)
お、お願いします先生!!

ふぅーハッハッハ 、いいだろう!
この俺様が教えてやろうではないか!!!

(……もうダメだこの人。)

雑談はさておき

今回は写真加工では結構人気が高い【ビンテージ風】な写真加工を簡単に分かりやすく皆さんにお伝えしようと思います。

動画サムネイルで使えるのはもちろんですが、結婚式のスライドショーなど幅広く使える加工テクニックとなってますのでぜひぜひ習得してみてください。

始める前の準備物について。

●完成イメージ

●今回使う元写真(フリーです。)

●今回使うテクスチャです。(無料)

●使用環境:PhotoshopCC2017(CS6とかでなければどのバージョンでも大丈夫だと思います。)

【作業1】調整レイヤーで色味を現実離れする

まず初めに今回は色々と弄るので元写真を複製して予備データを取っておきましょう。

※画像を編集するときは必ず複製し予備を作る習慣を身に付けるともしもの時に助かるのでオススメです。

複製したらレイヤーパネルから【調整レイヤー】の【レベル補正】を追加します。
そのままの画像だと現実の色味とコントラストなので古い感じが出ませんね。

この調整レイヤーでハイライトとシャドウを調整していきます。
【黒を暗くし、白を明るく】していきます。

数値は左から以下の通りです。

●【42】 【1.67】【228】

次に、もう1枚調整レイヤーを追加します。

レイヤーパネルから【調整レイヤー】の【白黒】を追加します。
●不透明度を約35%ぐらいにします。

さて、このままだと暖色系がなくて雰囲気が出ませんね。
今度は調整レイヤーで色味を調整していきましょう。

レイヤーパネルから【調整レイヤー】の【カラーバランス】を追加します。
数値は以下の通りです。

●【諧調】は【中間色】
●【シアン・レッド】+20
●【マゼンタ・グリーン】0
●【イエロー・ブルー】-60
●【輝度を保持】にチェック。

カラーバランスのレイヤーモードを【通常】→【比較(明)】に変更します。

これでだいぶ色味を雰囲気が出てきましたね。

画像の調整をこれで終了です。
次の【作業2】でグラデーションで雰囲気を更に出していき、テクスチャを入れて説得感のある感じにしていきます。

1 2