成長・考え方

【情報化社会を勝ちぬく】情報と知識の違いとは?知識という最強のツール

はじめに

今、インターネットの普及で情報は溢れかえっています。
そんな【情報化社会】で生き抜くためには情報を選択する生き方が大事になってきます。

しかしインターネットで色んな情報が飛び交う中、情報だけでは勝ちぬくのは厳しいのが現実です。

情報だけではなく、知識が必要になってくるのです。

そこで知識とは何か?情報と一体何が違うのか?
そんな【情報化社会】を勝ち抜くための知恵を皆さんにシェアしたいと思います。

インターネットに掲載されているモノとは一体?

今、インターネットの普及で欲しい情報がすぐに手に入るような時代になりました。

インターネットというのはご存知だと思いますが、誰でも閲覧でき、誰でも発信できます。(管理人もその一人です)

日々、皆さんはネットニュースやブログを閲覧し色んな情報を掻い摘んでいると思います。

例えるならばインターネットで掲載されている情報というものはスーパーの食べ歩きのようなものなのです。

有料の情報を小さく分けて掲載されてます。
一つ一つの情報はとてもおいしいです。

しかし、それだけではお腹が膨れず、あまり自分の為にはなっていないことが多いです。

インターネットの情報というものは断片化されているため、大きなまとまりをもった情報、つまりは体系化されていないため、全体像を掴めず自分のためになっていないことが多いです。
要約するとインターネットの情報は断片化されている為、自分のためにならない。

なら一体どうすればいいのか?

それは知識を身に付けることです。

ここでよく情報と知識の差別化ができていない人が多いです。
自分も全く分かっていませんでした。

情報と知識の違いとは

情報というのは物事の「事実」であり「結果」であり「事象」です。

知識というのは情報を積み重ねて搾り取られ濃縮された情報、つまりは「情報の濃縮果汁」こそが知識というものです。

インターネットにある情報は断片化された知識が多いです。

そこで間違った知識の解釈をしてしまう人が増え、間違った行為を行い、自分の人生を不幸にしていってるのです。

これからは必要な「情報」も得ながらも、自分で色んなソースから「知識」を蓄え、情報と知識のバランスを取っていくことが重要になっていきます。

コスパ最強の知識を得られるものとは

インターネットの情報は確かに重要で早いです。

しかし、インターネットの情報だけを鵜呑みにする方法はやめたほうがいいでしょう。
手っ取り早く知識を手に入れるには本を読むことが一番です。

本というのは著者が色んな情報集め、分析し、理解し、実践し、熟成され自分の生活に役に立った知識が詰まってます。
もし仮に支離滅裂なことや嘘の事を書いてあると責任が出版社か著者に飛んできます。

ですから信憑性が高く、インターネットの情報よりもっと深いところまで書いてあります。

インターネットの情報を100%信用している人はいないと思いますが、大体何かを調べたら本当にあっているのか同じような記事やサイトを見て比較して信頼できるか確認すると思います。
もしそこで同じような記事を探すのに時間がかかり過ぎていたり、そもそもその情報が間違っていたとしたらあなたは有限である自分の「人生の時間」を無駄遣いしたことになります。

その点、本というものはとても良いです。
約2000円前後で自分の欲しい情報を突き詰めた知識の本が手に入り読めます。

しかも今はボタン一つで自宅にまで届けてくれるではありませんか。
欲しい情報が手に入るだけではありません。

数年後にまたその本を取り出して読んでみると、違った視点や観点でその本を見ることでき、違った発見や知識が得られることが可能なのです。

だから本というものはとてもコスパが良いです。

情報と知識の違いを詳しく見てみよう

まだ、情報と知識の違いが何となくしか分かってはないと思うので、ここで少し詳しく説明します。

例えば一年前の新聞紙を取り出して見てみましょう。
一年前の新聞紙を今見ても有益な情報はほんの一部分しかないと思います。

あとは全て当時役立っていた情報です。

次は本を取り出して見てみましょう。
本というのは知識が詰まっています。(無い本も多少ありますが)

その知識は今も有用できることが多いと思います。

しかも今の価値観で本を見るため、また違った知識や発見ができるでしょう。

つまりは、情報というものは一年で古くなりますが10年経っても古くならないのが知識です。

例として1989年初版の「七つの習慣」という本であったり、1933年に発表されたアルフレッド・アドラーの名著「生きる意味」など数多くの本が今もなお現存しています。

皆さんが情報化社会を生き抜くためにはインターネットの情報だけではなく、知識というものを身に付けないと情報の大波にのまれることは必然です。

まとめ

日本人が1月に読む本の量は約9.7冊だそうです。
管理人もそうですが、仕事をしていてなかなか時間が取れないものです。

しかし、1冊でも多く読めれば、それだけ「知識」が増え、引き出しが増えるものです。

ぜひ、この機会に皆様も「本」を読んでみてください!

ちなみに私はスマホで読んでます。

「紙のほうがいい!」という方ももちろんいますが、荷物として邪魔にならず、現代では必須アイテムの1つなのでスキマ時間に見れるのがポイントですね。

それでは今回はこの辺で失礼します。